太陽光発電システムを購入しようと思った時、価格のほかに気になることのひとつが「取り付けについて」ではないでしょうか。
この取り付けについても注意が必要になっています。

ソーラーパネルは、ご存じのとおり屋根に設置することになります。
どれだけ高価なパネルでも、きちんと取り付けられなければ意味がありませんし、腕が未熟な施工会社にお願いしたことで、雨漏りなどのトラブルが発生してしまったというケースも報告されているようです。
「どこのパネルをどこで購入するのか」だけではなく「どこで取り付けをしてもらうのか」と言った点も、大事なポイントになります。

そもそも太陽光発電システムは誰にでも簡単に設置できるというものではありません。
太陽光発電システムのメーカーはそれぞれ、メーカーが主催する施工研修を行っています。
この研修を受け、メーカーの認定を受けている販売店が、太陽光発電システムの販売や取り付けをすることが認められ、メーカーの保証の対象となるのです。
気になる販売店が見つかったら、まずはそのお店がメーカー認定を受けているお店なのかどうかをチェックしましょう。
また、どんな状態の屋根にでも取り付けられるというものでもありません。
きちんと自宅の屋根の状態をチェックし、最適な工事をしてくれるのかどうか、と言った点にも注意が必要です。

また、極端に価格が安いような場合には、取り付けそのものや、取り付け時に必要となる建材などのグレードが下がる場合もあります。
「何を重視するのか」は人それぞれですが、長く使い続けていくことを踏まえ、自分が納得できる業者選びをするのがおすすめです。
気になる点は、担当者に確認し、疑問点を残さないようにするのが良いでしょう。

さて、太陽光発電システムの取り付け自体は、それほど時間のかかるものではありません。
家の外観を大きく変える工事ですし、大掛かりなものに見えますが、工事自体は1~2日で完了となります。
が、施工前の調査や補助金申請など、さまざまな手続きもありますので、
契約後実際に発電が開始されるのは1~2か月後となるでしょう。