太陽光発電システムを購入するとき、大きな違いとなるのは「メーカー」です。
メーカーによって、発電量も違えば、価格にも差があります。
どのメーカーのものを選んでも同じ、というわけではありません。

高価なシステムである太陽光発電システムの初期費用を、少しでも軽くしたい!と言う方にお勧めなのが、シャープの太陽光発電システムです。
1W当たりの価格が、主要メーカーの中では最も安くなっていて、導入しやすいメーカーだといえるでしょう。
太陽電池の種類も多く、またパワーコンディショナーが、昇圧機能と接続箱機能も併せ持っている、という独自のものになっているので、電力変換効率も高いものとなっています。
こうした点が顧客にも支持され、国内でナンバーワンシェアを誇っています。
導入実績が多いというのも、このメーカーを選ぶ安心材料のひとつとなりそうですね。

既存の住宅に設置したいんだけど、屋根の形が少し複雑になっている・・と言った場合には、京セラの太陽光発電システムが人気です。
このメーカーの主力製品「SAMURAI」は、小型の太陽電池を多数設置するという方法をとるため、小さな面積にも無駄なく敷くことができます。
また、外見が損なわれず美しい、と言った点でも評価されています。
屋根の面積にもよりますが、多数の太陽電池を敷きやすいため、多くの発電量が見込めるといったケースもあるでしょう。
パワーコンディショナーもシンプルで、室内の雰囲気を損ねることないデザインとなっています。
また、動作が静かな点も評価されています。

昼間の電気使用量が多い、また、多くの売電収入を得たいという方にはパナソニックが適したメーカーだといえるでしょう。
このメーカーの製品は、他メーカーと比べると割高なのですが、発電量はトップクラスになっています。
独自構造の太陽光電池を採用しているためで、パネルの設置面積を小さくすることも可能です。
システムの値段が割高でも、発電量が多く見込める地域の場合は、無駄なく発電し、売電することで、早く初期費用の回収が見込める、といったケースもありそうです。

その他、さまざまなメーカーがあり、それぞれ大きな特徴をもっています。
まずは自分が気になるメーカーを、心の中に決めておいて、販売店の担当者の話を聞いてみるのも良いかと思います。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>