太陽光発電を行う場合、国から設置にともなう補助金の助成が受けられます。
地方自治体によっては国とは別に独自の補助金制度を設けて、地球温暖化防止や再生可能エネルギーの普及促進を行っていることがあります。
この点、愛媛県では直接の助成制度はありません。
しかし、愛媛県内の市町村で独自の補助を行っている市町村に対して、県がその補助単価の3分の1を支援する体勢をとっています。
この点、市町村独自の助成制度を設けているのは、松山市・今治市・宇和島市・八幡浜市・新居浜市・西条市・伊予市など20余りの市町村です。
ご自身が暮らす市町村で制度があるか、設置工事前に必ずチェックしましょう。
たとえば伊予市の場合、平成23年度までは1KWあたり7万円、上限28万円の補助金を交付していました。
平成24年度は1KWあたり5万円、上限20万円に下がりましたが、これはエコ推進に消極的になったからではありません。
補助金総額には予算があり、少しでも多くの人に費用負担を軽減させてあげたいという理由でしょう。
それだけ申請者が増えているわけですから、皆さんも太陽光発電の設置に乗り遅れないようにしましょう。