松山市では国の補助金制度とは別に、独自の太陽光発電補助金制度があります。
補助が受けられるのは、松山市内に太陽光発電を設置した個人または法人で、住民票や法人の登記住所は松山市外であっても構いません。
助成制度を持つ多くの自治体では市民であることを要件としているのと比べると、太っ腹といえそうです。
もっとも、松山市内に太陽光発電を設置することで、市内のCO2排出量が削減されたり、エネルギー不足が解消されるわけですから、申請者の住所に関わらず市内の設置を推進する意義は大いにありそうです。
もっとも、市県民税や軽自動車税、固定資産税などの松山市に払うべき税金がある方は、きっちり払っていないと助成が受けられません。
市外に本拠の住所を持つ方でも、松山市内に住宅などを所有している場合は固定資産税が発生しているはずですので、滞納のないようにしておきましょう。
支給される補助金の額は、平成24年度の場合、出力10キロワット未満は1キロワットあたり54000円で上限は実費または162000円、出力10キロワット以上20キロワット未満は一律30万円で実費が上限、出力20キロワット以上は一律50万円で実費が上限となっています。
平成24年度は4月1日から平成25年の3月31日までで、それぞれの受付予定件数は1570件、17件、5件となっています。
平成24年12月時点での受付済件数は既に1336件、10件、3件となっています。
松山市の制度は設置後申請で工事完了までにも時間がかかります。
今年度の補助金は年度末までには全て受付済みになりそうな感じですね。