太陽光発電がある暮らしを、心から楽しんでいます。
導入してから少しでもはやく初期費用を回収しようと、かなり切り詰めて生活している家庭もあるでしょう。
その生活を楽しんでいるなら良いと思いますが、ただ苦しいだけなら意味がないと思います。
その状況も楽しめるように、何か工夫が大切だと思うのです。
我が家では、細かく消費電力もチェックしていますが、面倒だと思ったことはありません。
もちろん一人に押し付けるのではなく、みんなで消費電力や発電量などをチェックしています。
チェックをしてノートに記録する、この作業がひとつの家族の会話のきっかけになるのです。
太陽光発電がある暮らしを楽しめない人は、どんなに便利でも、どんなにみんなが導入しても、導入しない方が良いかもしれません。
なぜならせっかくのシステムも、使い方によっては意味が無いものへと変わってしまうからです。
自宅で発電しているから大丈夫、と思い、今まで以上に電気を使えば当然自宅で発電した電気だけではまかなえません。
そうなると、電力会社から電気を購入することになります。
光熱費も上がってしまうだろうし、環境を守れないと思います。
光熱費を節約したい、とか環境のために何かしたい、という思いがあるのなら、導入すればその効果を得ることができるでしょう。
松山市にある我が家でも導入してから、光熱費が下がりました。
電気の使用量も減りましたし、どうやったら電気を使わないで良いだろうか?と考えながら楽しく生活しています。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>