太陽光発電システムは、隣同士の家が同じメーカー、同じ製品の太陽光発電システムを設置しても、屋根の向いている方角や屋根の面積、傾斜角により発電量が異なります。
自宅の屋根に使用している材料が瓦屋根かトタン屋根かで作業工賃が変わりますし、屋根の角度によっては足場を組む必要があり作業工賃が高くなったりするでしょう。
屋根や屋根下地が経年変化により老朽化している場合は、ソーラーパネルを設置するために補強工事が必要になることもあります。
屋根の面積が分かると、ある程度の試算は可能ですが、愛媛県内で太陽光発電システムをこれから設置される方は、きちんと現地調査をして詳細な見積もり書を作成する太陽光発電システム販売店や工務店に依頼すると良いでしょう
太陽光発電システムを設置する前に毎月支払っていた電気料金や消費電力量により、ベストな太陽光発電システムのメーカーや機種を決める事ができます。
太陽光発電システムを設置した後のメンテナンスについても、事前に販売店に確認できるでしょう。