いま日本全体で二酸化炭素の排出量が増えているといいます。
いろいろな家電製品が登場し、
しかも大型化していることで二酸化炭素の排出量が増えているのだそうです。
生活が便利になるのはいいことですが、
そのために地球環境を破壊しているとしたら、
自分たちでも何かできないかと考えずにはいられません。
瀬戸内海は日照時間が長く、
しかも瀬戸内海式気候で雨が少なく温度と湿度が一定しています。
これは太陽光発電をするには適した気候ということができるでしょう。
そこで今治市では、
地球環境にやさしい太陽光発電をもっと普及させようと、
太陽光発電を設置する方に設置費用の一部を補助しています。
3kWのシステムを設置する場合では、
今治の補助金は150,000円になります。
これは国の補助金の額よりも多くなっています。
今治市がどれほど太陽光発電の普及に本腰を入れているかがわかります。
太陽光発電というのは、
考えれば考えるほど環境のためにはよい発電方法だと思います。
再生可能な自然エネルギーのなかでは、
石油の代替エネルギーとしてもっとも有望視されています。
いまは太陽光発電システムの価格が下がっていますし、
今治市のように設置しようという人に補助金を出す自治体が多くなれば、
きっともっと太陽光発電が普及するのではないかと思います。
それで石油に頼ることなく、
二酸化炭素の排出も抑えることができれば、
これほど地球環境にいいこともないのではないでしょうか。