地球温暖化は文字通り日本だけでなく、世界にとっての共通の環境問題です。
これまで私たちは主に、温室効果ガスである二酸化炭素を多く輩出してしまう、
化石燃料による火力発電や、放射能問題が常につきまとう原子力発電により、
電力の大半を担ってきました。
最近では、風力や太陽光発電といった自然エネルギーを利用した発電システムに
変換していこうという動きが活発になり、
特に東日本大震災以降はその活動がTVなどでもよく取り上げられるようになりました。
四国においても愛媛県の松山市で、四国では初めて出力が4300kwという
大規模太陽光発電(メガソーラー)が松山太陽光発電所に設置されました。
それによって、かなりの二酸化炭素の排出が抑制され、
環境に非常に貢献しています。
このような動きは現在日本各地で行われており、
それは発電所に限らず一般家庭でも太陽光発電の設置が進みつつあります。
現在、愛媛県の松山市にお住まいの方では、
国と松山市から住宅用の太陽光発電装置の新規設置に関して
補助金が支給されるシステムになっています。
現在一般家庭の太陽光発電システムの導入はまだまだ始まったばかりであります。
それは初期費用がやはりまだ少し高いということも挙げられますが、
太陽光発電の導入は長期的な目で見ると確実に元が取れ
更に将来的には自宅で発電された電気が収入源にもなりますので、
将来を考えると太陽光発電の導入は安心できる投資とも据えることができます。
自分も何かしら環境問題に取り組みたいとお考えの方は
是非太陽光発電の設置をご検討下さい。