愛媛と言えば、みかんがおいしいところとして知られています。
みかんのおいしさを左右するのは、育て方や品種などもあるでしょうが、まずは何よりもお日様の光をたっぷり浴びたかどうかで決まると言います。
そのため、お日様の当たりが良い側と悪い側とでは、みかんの甘さが違ってきます。
そんな甘くておいしいみかんを育てる太陽の光、もっと他にも有効活用できたらいいなと思います。
おいしいみかんが育つなら、この太陽の光で電気さえも作り出せるのではないかと考えるのは、短絡的でしょうか。
いえ、今や日本全国でもっともっと太陽光による発電量を増やし、原子力発電に代わるエネルギーを確保しなければならなくなりました。
そのためにも、もっと自然エネルギーを活用しなくてはなりません。
愛媛のような太陽の恵みをいっぱいに受けられる地域に、太陽光発電はもってこいの自然エネルギー資源でしょう。
住宅はもちろん、企業の社屋やビル、学校などの公共施設にもどんどん取り入れていくことによって、太陽光発電が当たり前という環境を作り出すことが大事です。
みかん畑で空いたスペースがあれば、そこに太陽光パネルを並べてみるというのもいいかもしれません。
甘いみかんを作り出してくれる太陽光が、どれだけの電気を作り出してくれるかがわかり、非常に楽しみになると思います。
たっぷりの太陽光をみかんという果実の栽培に生かしてきた愛媛なのですから、今後は太陽光発電にも力を入れていただきたいものです。

get( 'keyword', 6 ) ?>
get( 'comment', 6 ) ?>