ここでは、太陽光発電システムを比較検討し、契約し、実際に取り付け完了となるまでの注意点をまとめていきます。
ぜひ参考にしてみてください。

まず、比較検討する際の注意点は、「悪徳業者」についてです。
残念ながら、太陽光発電システムの業界でも悪徳業者に関する相談というものは増えています。
「同じメーカーの同じシステムならば、価格が安ければ安いほうがいい!」と思ってしまいがちですが、あまりに安すぎるところは、危険です。
なぜ安いのかについて、しっかりと担当者の話を聞き、納得してから契約へと駒を進めましょう。
また、1社だけの話で決めるのではなく、いくつかのお店の話を聞くことで、自然と「標準的な価格」もわかるようになってきます。
この価格から大きく外れたところについては、より一層の検討をする必要があるかと思います。

また、忘れがちですが、設置後の保証やアフターサービスについてもきちんと検討しましょう。
メーカー保証だけでは補えない部分を、アフターサービスとして提供している販売店も多くあります。
長く安心して使い続けるためには、こうした点も比較検討の対象とするのがオススメです。

取り付け時の注意点は、先ほども挙げましたが、きちんとした業者に取り付けしてもらう、という点になります。
また既存の住宅に新たにソーラーパネルを設置する場合には、「自分の家の屋根に設置することが可能なのかどうか」をきちんと確認する必要があります。
屋根の古さや耐久性、そして、どのような形状になっているのか、など。
きちんと実際に見てチェックしてもらい、その上で「取り付け可能」という判断をしてもらいましょう。
無理な取り付けは、システムのトラブルだけでなく、屋根、そして家全体のトラブルに繋がります。
「どんな屋根でも取り付け可能」などとうたっている場合には注意が必要です。

こうした注意点を踏まえ、自分の家にとって最適な価格で、最適な業者選びができるといいですね。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>